活動報告


学生生活の中で学び体験する学生達の姿

2017年3月4日(土)
第12期生 卒業式
12期生の皆さん 卒業おめでとう!  



卒業生の歌
今年は、12期生らしく、3部合唱で、
「栄光の架け橋」を歌いました。
会場に響き渡る歌声を贈りました。
             


 
答 辞

 この学校で学んだ、笑顔、人を思いやる気持ち、
お互いが支え合い協力することの強さを心に刻み、
それぞれの目指す看護師像に向かい、
努力を惜しまず、進んでいきたいと思います。





12期生卒業生記念品
小諸看護専門学校校章入り、銘板の寄贈
2017年3月3日(金)
三年生を送る会




自治会中心に、三年生送る会を行いました。
12期生の笑顔、明るさ、団結力の大切さは、在校生へ繋がっていく。
そんな思いが伝わる、素晴らしい、三年生を送る会になりました。
2016年11月4日(金)
第58回長野県看護学生看護研究発表会
 松本キッセイ文化ホールで行われました



 誌上発表
終末期にある患者と家族のつながりを支える関わり
―情報提供と援助への参加の促しを通じて―
 口演発表
 カレンダー作りを活用した残存機能維持の看護
 ―ALS患者の自己効力感を高める関わり―
2016年10月6日(木)
防災訓練

 3年生男子中心に、実践さながらの心肺蘇生の演習を行いました。

 また、もし、全校の学生が閉じ込められたら・・・どうするか等の意見交換も行われ、充実した防災訓練になりました。
2016年10月27日(木)
第14期生戴帽式
第14期生40名の戴帽式が行われました。


 
誓いの言葉を常に胸にとどめ、
これから先に進んでいくと誓いました

 



第14期生 誓いの言葉

 私たちは、
 人を愛し、思いやりのある看護師を目指します

 私たちは、
  笑顔を絶やさず、患者さんが安心できる看護を実践します

  私たちは、
 命に携わる使命を自覚し、自らの行動に責任を持ちます

 私たちは、
  同じ目標に向かって学ぶ仲間を、大切にします

 私たちは、
 初心を忘れず日々、知識と技術を向上します








戴帽式の茶話会

 厳粛な戴帽式が終わり、保護者含め茶話会を行いました。
 各学年からの、お祝いの出し物あり、終始笑顔が絶えない会になりました。



2016年7月29日(金)
オープンキャンパス
 今年も沢山のご参加ありがとうございました。
 本校を知って頂く貴重な時間になりました。

 今年も、学校紹介をはじめ、演習体験、在校生との交流会等を行いました。
 
 下の写真のように、演習では、参加者に実際に体験してもらいました。
 看護師の仕事についてや、看護学校の様子について、少しでもイメージできたならよいのですが。
 ■ 滅菌物取扱い・包帯法について
■ 心肺蘇生・心音について
■ 手洗い法について
2016年7月28日(木)
体育祭

 夏休み初日、自治会中心に企画した体育祭が行われました。
  小諸市の乙女湖公園内にある体育館で行われ、大勢の学生たちが参加しました。

 久しぶりの運動で、リフレッシュできたという感想が多かったです。



        綱引きとその応援をする学生たち



学年別リレー

2016年7月9日(土)
市民まつり
 この日は午後から雨模様。お祭りの開始前にはどしゃ降りに。
 そんな雨の中、お神輿を担いで学校を出発しました。
 けれども、次第に雨も上がり、無事に最後まで担ぎきりました。

 今年から選挙権が18歳以上となり、看護学生も全員選挙権を持つようになりました。
 翌日、7月10日の「参議院選挙」に向け、投票アピールも行いました。
 沿道に並ぶ沢山の方々に、投票へ行くよう呼びかけることができました!
2016年6月5日(日)
飛翼祭 「我武者羅應援團」講演会

飛翼祭で行う、3年に1度の講演会
今年は「我武者羅應援團」の皆様を
講師としてお招きしました。

これからまだまだ看護学生として
辛いことが、
たくさんあるかもしれない・・・

しかし、
今、頑張っている自分に
誇りを持て!

との激励の言葉をいただきました。
2016年6月4日(土)・5日(日)
飛翼祭 〜みんな元気にエネルギー充電(チャージ)〜

「手浴・足浴体験」や
「肩こり解消運動・リンパマッサージ」


事前に自己学習をして
来校者の方々に実演・説明をしました。

 

手浴・足浴体験では小さいお子様からお年寄りまで
たくさんの方々に体験してもらいました。


「肩こり解消運動」 
実際に、来校者の方々と一緒に行いました。




吹奏楽やバンド演奏


3年生の歌とパフォーマンス
「ソーラン節
今年は、新しく建ったばかりの「小諸市役所」の
正面玄関前で踊らせて頂きました。




「フリーステージ」
普段見られない仲間の素晴らしい特技を見て感動!


「フラダンス」 息の合ったダンスは見事でした!


「ハモネプ」で歌を披露


ボイスパーカッション
2016年5月10日(火)
看護の日

 「看護週間」に合わせ毎年この時期に行っている行事です。

 今年は、全校で、「忘れられない看護エピソード」(看護協会提供)を視聴しました。
 あらためて、看護の素晴らしさ、今後の自己像を考えさせられました。
 
 その後、小諸市内のゴミ拾いを通じて、「看護の日」のアピールを行いました。
2016年4月28日(木)
防災訓練
この日は、防災訓練を行いました。

校内から出火との想定で訓練を行い、迅速に避難ができるよう訓練しました。

また、実際に消火器を使って、消火訓練も行いました。
担当者から、消火器に関する注意事項を受けて、消火の演習を行いました。

2016年4月9日(土)
第14期生入学式

第14期生の入学式が挙行されました。

女子32名男子8名の合計40名が入学しました。


新入生誓いの言葉より (新入生代表)


 私たちはこれから、
日々の講義を大切にし、
意欲的に取り組み、
人間を深く理解することに努め、
誰にでも信頼を持たれるような、
確かな専門知識や技術、
命の尊さを学んでいきたいと述べました。


  お祝いの言葉より (在校生代表)

 実習では、時に教科書通りにいかないこともあります。 
 3年間という短い間に、学ばなければならないことも多くあります。
 しかし、ここでは同じ目標に向かって学ぶ仲間が大勢います。
 時には励まし合い、支え合いながら共に頑張っていきましょうと述べました。

戻る    次へ

 

様々な活動や、人として人に接する大切さを、学生生活のなかで体験していく学生たち。
これからもその様子を少しづつですがご報告していきます。

 


 (C) Nurse-Komoro.org / 小諸看護専門学校 All rights reserved