活動報告


学生生活の中で学び体験する学生達の姿


2016年3月5日(土)
11期生卒業式おめでとう!
11期生の卒業式が
3月5日に盛大に行われました。


        
              答 辞

 3年間を振り返り、実習中に学んだことや、患者様や家族、様々な方への感謝の気持ちを述べた。

 11期生は、世代も個性も様々だったが、ここぞという時の団結力があった。

 また実習での出来事では、ある終末期の患者様に、当初援助を拒まれた。
 とても悩んだが、患者様の「今」に向き合うことを恐れていたと気付き、患者様への共感に努め、側に寄り添い、思いを傾聴し、援助の工夫を続けることで、徐々に受容れていただいた。
 その人にとってかけがいのない「今」という時と真摯に向き合うことの大切さを学んだ。

 また後輩に向け、悩み苦しいときには、先生や先輩、仲間に相談し乗り越えてくださいと伝えた。

       
                
           11期生卒業記念品

       (ナイチンゲール象入りステンドグラス)
   このデザインは、3年生がオリジナルで考えました。
     11期生のみなさんありがとうございました!

昨年10期生の卒業記念品(左側)と並んでいます。
2015年11月17日(火)
看護学校は演習が盛りだくさん!
心肺蘇生演習の様子


BLS受講の経験のある学生が
授業のアドバイザーとして活躍! 


フィジカルアセスメント
(バイタルサイン)演習の様子


このグループは、男性看護師が、
20代女性のバイタルサイン測定を
行う時の留意点を発表してくれました。

老年援助論V演習の様子


教員が実際に高齢者役になり、臨場感ある演習でした。
2015年10月26日(月)
ボランティア活動報告

小諸養護学校様 小養祭 参加の様子




小諸商業高校様 スマイル商店街 参加の様子

高校生・小学生に、
今自分たちでできる看護技術を提供!
少しでも、看護に興味を持ってもらえる
機会になればと思います。

 ペットボトルのふたで、
マグネットのアクセサリーの
作り方を教えているところです!
2015年10月22日(木)
第13期生 戴帽式
    第13期生 40名の戴帽式が行われました。


 上級生より1年生へお祝いのことばが贈られました。

 代表の3年生 轟愛里さんが、実習での出来事を織り交ぜながら、「患者さんから頂いた大切な言葉」について語ってくれました。


第13期生 誓いのことば
私たちは、
思いやりと笑顔を忘れず 患者さんに向かい合います
私たちは、
確かな技術を身につけ
安全・安楽・自立の看護を実践します
私たちは、
命の重みをかみしめ 一人ひとりの心に寄り添い、
最大限の努力をします
私たちは、
いかなる困難も仲間と共に助け合い、
共に支えあい責任感と向上心をもって、
看護の道を歩みます

これから、困難なことがあるかも知れませんが、
この誓いの言葉をクラスで思い出し、乗り越えて欲しいと思います。
2015年8月22日(土)
ボランティア参加
 
 当校は、ボランティア活動も積極的に行っています。
 8月22日行われた、老人保健施設こまくさ様の「夏祭り」にて、ソーラン節を披露しました。


  
  緊張の中、施設の方に紹介され、いざ、「かまえ!」
 会場から、アンコールを頂き、連続2回、披露させて頂きました。
「夏祭り」盛大に行われる為に、来年もお手伝いできればと思います。
2015年7月27日(月)
オープンキャンパス
 7月27日はオープンキャンパスが開催。
 当日は、猛暑の中、79名のご参加を頂きました。

 副学校長からのあいさつからはじまり、在校生(自治会)による学校紹介を行いました。

 在校生と関わる中で、当校の様子が、実際によくわかったのではないでしょうか?


ベットメイキング


大きく3つのコーナーに分かれて、演習体験しました。
体験後、在校生の先輩と交流会。

参加された皆様には、是非看護の道を目指していただき、
本校の門をたたいてくださいますことを、
心よりお待ちしております。

高齢者体験

心肺蘇生(胸骨圧迫・心臓と肺の解剖について)


2015年7月21日(火)・22日(水)
学内看護研究発表会
 
 7月21・22日の2日間にわたり、3年生全員がケースを発表しました。
 

 
 実習での学びを、系統立ててまとめ、発表する難しさを実感していた様子でした。
 臨床指導者さんもご出席頂き、ひとりひとり評価を頂きました。
2015年7月11日(土)
こもろ市民まつり


 今年も恒例のこもろ市民まつりに参加しました。
 参加目的の一つは、普段お世話になっている小諸市へ、
看護学生としての元気をふりまく事。
「よいよい」の掛け声で、いざ出発!





今年はじめての一年生も、猛暑の中頑張りました!
途中、お神輿を大回転!




三年生の集合写真  良い笑顔してます!
2015年6月5日(金)・6日(土)
学校祭

今年のテーマは、「こもかん救護大作戦〜つなぐみんなの心〜」で行いました。


救護所では、日本赤十字長野支部の臼井さま指導の下、
「炊き出し体験」を行いました。



日赤・小諸社協 様から、大きな鍋をお借りして、
包装食(米飯入れた袋)を400食つくりました。


すいとん作りにも挑戦しました!




小諸看護名物「ソーラン節」2年生の演舞 
この日を迎える為に、
2か月前から練習をしていました。
更にクラスが団結しました。




飛翼祭が終了し、「3年生集合写真」
実行委員長をはじめ、
3年生のみなさんお疲れ様でした。
昨年卒業した、先輩も遊びに来てくれました。





焼きそばは、毎年の定番。
2015年5月26日(火)
看護の日


当日は、恒例の市内ゴミ拾いを全学年で行いました。


 入学したばかりの1年生に、3年生が小諸市内の案内を同時に行いました。
2015年4月8日(水)
防災訓練
 全学年対象の防災訓練が行われました。
初期消火活動が迅速に行われる様、消火器の演習を行いました。


もしも、人が倒れていたら・・・
看護学生としての自覚と勇気をもって、
救護できるようになりたいですね。
2015年4月7日(火)
親睦会
 全学年が交流する時間を過ごしました。
2年生行事委員が中心となり、クイズなど楽しい企画を準備してくれました。


2年生の行事委員のみなさん
どうすれば、1年生が喜んでくれるか。
それを細かい所までイメージして
親睦会を盛り上げてくれました。


見事クイズで一位になったグループには
アイスが配られました
2015年4月4日(土)
第13期生入学式


 第13期生の入学式が行われました。


男性8名女性34名が入学しました。

 



          
誓いの言葉を述べる新入生 小林眞紀穂さん

専門知識や技術を学ぶこと、
先輩や仲間たちと交流しチームワークを築くこと、
そして患者さんとの触れ合いから、
思いやりの心を学ぶこと

これから42名の仲間とともに
学習に励む決意を述べました。
 


3年生がソーラン節の演舞で1年生を歓待します。


まだまだ、緊張気味の1年生ですが、
先輩たちの温かい歓迎で、
すぐに学校生活にも慣れると思います。


戻る    次へ

 

様々な活動や、人として人に接する大切さを、学生生活のなかで体験していく学生たち。
これからもその様子を少しづつですがご報告していきます。

 


 (C) Nurse-Komoro.org / 小諸看護専門学校 All rights reserved