本文へ移動

活動報告

学生生活の中で学び体験する学生たちの姿
RSS(別ウィンドウで開きます) 

11期生卒業式おめでとう!

2016-03-05
11期生の卒業式が3月5日に盛大に行われました。
 答 辞
 
3年間を振り返り、実習中に学んだことや、患者様や家族、様々な方への感謝の気持ちを述べた。
 
11期生は、世代も個性も様々だったが、ここぞという時の団結力があった。
 
また実習での出来事では、ある終末期の患者様に、当初援助を拒まれた。
とても悩んだが、患者様の「今」に向き合うことを恐れていたと気付き、患者様への共感に努め、側に寄り添い、思いを傾聴し、援助の工夫を続けることで、徐々に受容れていただいた。
その人にとってかけがいのない「今」という時と真摯に向き合うことの大切さを学んだ。
 
また後輩に向け、悩み苦しいときには、先生や先輩、仲間に相談し乗り越えてくださいと伝えた。
昨年10期生の卒業記念品(左側)と並んでいます。
11期生卒業記念品(ナイチンゲール象入りステンドグラス)このデザインは、3年生がオリジナルで考えました。11期生のみなさんありがとうございました!

看護学校は演習が盛りだくさん!

2015-11-17
心肺蘇生演習の様子
BLS受講の経験のある学生が 授業のアドバイザーとして活躍!
老年援助論Ⅲ演習の様子
教員が実際に高齢者役になり、臨場感ある演習でした。
フィジカルアセスメント (バイタルサイン)演習の様子
このグループは、男性看護師が、 20代女性のバイタルサイン測定を 行う時の留意点を発表してくれました。

ボランティア活動報告

2015-10-26
小諸養護学校様 小養祭 参加の様子
ペットボトルのふたで、 マグネットのアクセサリーの作り方を教えているところです!
小諸商業高校様 スマイル商店街 参加の様子
高校生・小学生に、 今自分たちでできる看護技術を提供! 少しでも、看護に興味を持ってもらえる 機会になればと思います。

13期生 戴帽式

2015-10-22
上級生より1年生へお祝いのことばが贈られました。
第13期生 40名の戴帽式が行われました。
 
代表の3年生 轟愛里さんが、実習での出来事を織り交ぜながら、「患者さんから頂いた大切な言葉」について語ってくれました。
 
これから、困難なことがあるかも知れませんが、
この誓いの言葉をクラスで思い出し、乗り越えて欲しいと思います。
第13期生 誓いのことば
私たちは、
思いやりと笑顔を忘れず 患者さんに向かい合います
私たちは、
確かな技術を身につけ
安全・安楽・自立の看護を実践します
私たちは、
命の重みをかみしめ 一人ひとりの心に寄り添い、
最大限の努力をします
私たちは、
いかなる困難も仲間と共に助け合い、
共に支えあい責任感と向上心をもって、
看護の道を歩みます

ボランティア参加

2015-08-22
 
当校は、ボランティア活動も積極的に行っています。
8月22日行われた、老人保健施設こまくさ様の「夏祭り」にて、ソーラン節を披露しました。
緊張の中、施設の方に紹介され、いざ、「かまえ!」
    
会場から、アンコールを頂き、連続2回、披露させて頂きました。
「夏祭り」盛大に行われる為に、来年もお手伝いできればと思います。
TOPへ戻る