本文へ移動

学校案内

教育理念

 生命の尊厳を基調とした豊かな人間性を養い、現代社会や保健・医療・福祉をめぐる変化や多様化するニーズに対応できる総合的能力と向上心を備えた看護実践者を育成する。

教育目標

  1. 生命を慈しみ、人の喜びや痛み苦しみが分かち合える温かく思いやりのある心を育てる。
  2. 個人の価値観を尊重し、看護の対象を身体的・精神的・社会的・霊的に理解できる能力、さらにそれらが統合された個人であることを理解できる能力を育てる。
  3. 人の健康上の問題に対して、科学的思考に基づいた個別的な看護を計画、実践できる判断力・解決能力を育てる。
  4. 予測、状況判断能力にすぐれた、安全で安楽な看護を実践できる能力を育てる。
  5. 保健・医療・福祉チームの一員として、関連分野の人々と連携し、看護の役割を理解し、調整できる能力の基盤を養う。
  6. 環境の及ぼす健康問題や看護問題を考える能力と環境保持について行動できる能力を育てる。
  7. 専門職として責任感と向上心を持ち、学習する態度を育てる。
本校では、看護に必要な知識および技術と態度を修得し、豊かな人間性を養い、また看護実践者として社会に貢献できる人材を育成することを教育目的としております。

学校概要

沿革

校歌

小諸看護専門学校 校歌 
詞 佐々木治夫
曲 近藤 玲
一、
春浅間嶺に光満ち 夏懐古園の緑濃し
われらこの地に集い来て 人の心を慈しむ
看護の心学ぶなり
二、
秋高原に風流れ 冬千曲川の水凍る
学びの道は厳しくも 望みを高く掲げつつ
愛ある心育まん
三、
古城を巡る石垣に 栄えし昔を偲びつつ
友と語りしわが思い 若き力をひたむきに
看護の道を究なり
四、
三星霜の月日過ぎ わが学舎を旅立たん
学びし技と友情と 熱き心を糧として
看護の道に勤しまん
 
(四番は卒業式に)

校章

TOPへ戻る